財務・会計・IFRS翻訳霞が関(金融庁、経済産業省、財務省)・監査法人・法律事務所・大手企業・外資系企業など日本の政治・経済の中枢部から信頼されている極めて精度が高いと評判の金融・財務・会計翻訳専門の大手翻訳会社です。

あらゆるディスクロージャー(情報開示)文書の翻訳(英訳)を提供します。

決算短信・有価証券報告書・株主招集通知・アニュアルレポートをはじめ、財務・会計分野の文書には内容を理解する上でカギとなる重要語句がいくつも含まれています。これらの語句を適格に理解していないと正確な翻訳はできません。この業界で長きにわたってキャリアを積んだ、専門知識が豊富で抜群の英語力を有した翻訳者が担当します。当社が自信を持っておすすめする翻訳者ばかりです。ぜひ一度当社の翻訳サービスをご利用いただき、その完成度の高さをお確かめください。また最近ではIFRSに関連した翻訳も多くお引き受けしております。日本基準とIFRSの間でコンバージェンスが行われていますが、両者の間にはまだ多くの違いが存在しています。当社はIFRSの知識においては翻訳業界では先頭を走っていると自負しております。

納期の遵守、万全なセキュリティ対策はもちろんのこと、社内に常駐する校正スタッフやネイティブスピーカーによる強固なチェック体制により、多くのお客様から「品質面においても非常に満足度が高い」との声をいただいております。

この分野での当社の主なお客様には金融庁、大手監査法人、会計事務所、外資系証券会社、商業銀行、投資銀行、機関投資家、上場企業のIR室など多数おられます。

財務・会計・IFRS翻訳分野

  • 決算短信翻訳(Financial Results) 決算短信や四半期決算短信は、正確さとスピードが要求されます。決算後、日本語での短信発表とできるだけ近いタイミングで英語での開示もしたいとの要望が多くなってきています。
    開示前のインサイダー情報は、厳重な機密保持体制を敷いた取り扱いを基本とし、その情報に誰がいつ関与したかすべて記録を残すなど万全のセキュリティ体制を敷いております。
  • 株主招集通知英訳(Notice of Annual Meeting) 株主総会の招集通知は法令などで作成が義務付けられている「法定開示書類」に分類され、より厳密な翻訳が要求されます。当社では、正確な用語や表現を用いることは当然のことながら、精度の高い英訳を常に心がけています。
    株主総会開催日までの短期間で英文版を作成するには経験豊富な進行管理が不可欠です。当社は年間100社近い英文版株主招集通知の作成実績を誇っております。
  • 決算説明会資料翻訳
    • 決算説明会資料翻訳(Presentation Material)
    • 決算説明会用の資料、海外ロードショー用の資料の翻訳
  • 財務翻訳・IR翻訳
    • 証券アナリストによる企業レポート・株式・株主総会・目論見書・半期報告書、IR広報誌
    • 株主総会プレゼンテーション資料
    • 半期レポート、決算発表、決算報告書、株主招集通知、有価証券報告書、決算短信、アニュアル・レポート
    • 事業報告書
    • 英文財務諸表の作成
  • 会計翻訳・IFRS翻訳
    • IFRS(国際財務報告書)の財務翻訳
    • 会計報告・会計マニュアル・財務諸表・国際会計基準などの会計翻訳
    • 監査報告書
    • 内部統制文書
    • 日本版SOX(J-SOX)法に関する文書など会計翻訳
    • 投資契約書