代表挨拶

代表取締役 樽谷和希

1994年6月に会社を設立して今年で22年目になり、この間無我夢中で仕事に没頭してまいりましたが、気がつくと設立22年目になっていたというのが実感です。

大学を卒業して以来一貫して語学に関連する職業に就いてきましたが、弊社の事業であります翻訳・通訳という仕事を通して日本の企業と世界をつなぐ橋渡し役として社会の一員として少しでも貢献できているという実感を日々感じられることが何よりの幸せであります。

これ迄の21年間は、“走りながら考える”をポリシーに会社を成長させてまいりましたが、これからは周囲に眼を配り、弱者に優しく、社会に貢献できるように努めたく考える所存であります。その一環として、利益の一部を血液関連の病気で苦しむ人たちに貢献している医療財団に寄付させていただきたく存じます。

代表取締役
樽谷 和希

Twenty one years have passed since the incorporation of Simulingual in June 1994. During this period, I feverishly devoted myself to my work, and the 21 years have just flown by in a flash.

Since graduating from university, I have always worked in an area related to languages. It is my utmost pleasure to make my contribution every day as a member of a society and as a bridge that links Japanese companies with the world through Simulingual's translation and interpretation business.

I have nurtured the company during the past 21 years with the policy of "thinking while running". Now I would like to start paying more attention to the surroundings and strive to contribute more to society. As part of this initiative, I would like to donate a part portion of our profits to a medical institution that supports people suffering from blood-related diseases.

Representative Director
Kazuki Tarutani