ここ数年で、機械翻訳の精度は飛躍的進歩を遂げています。かつて人間の手による翻訳によって数時間を要した原稿を数秒間で仕上げてしまうテクノロジーの進化は翻訳という作業や考え方を根本から変革していくものになりつつあります。

しかしながら機械翻訳で出力した訳文のままでは修正を必要とする場合も多く、そこで求められるのが “ポストエディティング(ポストエディット)” です。機械翻訳による不完全な訳文に人の手によるポストエディティングを施すことで、より滑らかで読みやすい訳文へと仕上げていくことができます。

ある翻訳の実験では、大学で使用する事務文書を、“機械翻訳のみ”、“機械翻訳とポストエディティングのセット”、そして“人の手による翻訳”で翻訳を比べ、品質、価格、納期における3つの要素を総合的にユーザー評価をしました。その結果、8割近くのユーザーが“機械翻訳とポストエディティングのセット”で満足したとのことです。“機械翻訳のみ”では、価格と納期において魅力的ながらも品質に劣り、“人の手による翻訳”では、品質において間違いはなくても、価格と納期が懸念材料になってしまうということです。

このように、人力による既存翻訳に比してスピードとコスト効率面の甚大なるメリットを考慮すると翻訳分野や内容次第では機械翻訳 + ポストエディティングによる “新時代の翻訳”を活用しない手はありません。

弊社では、そうしたお客様のニーズにお応えし、経験豊富なプロポストエディターが対応する、品質、スピード、価格において必ずご満足いただけるポストエディティングサービスをご提供いたしております。

1/6ページ