幅広い分野での契約書の翻訳サービス | 品質とスピードで評判の大手翻訳会社サイマリンガル

翻訳会社サイマリンガル

顧客数1万社超、霞が関にオフィスを構える20年の実績と信頼のある翻訳会社です。お電話でのお問い合わせは03-3595-7451

お見積りはこちら

● 幅広い分野での契約書の翻訳サービス

契約書の翻訳

ビジネスにおける契約書の存在は、
企業の命運を左右するといっても過言ではありません。
特に国が異なる場合、法律の解釈の違いが出てしまいますと、
本来得られるはずの利益が失われてしまったり、
不利な条件での契約となるケースもあるでしょう。
そのため、契約書の翻訳には、
経験豊かなプロの翻訳者によって、
細心の注意をもって臨む必要があるのです。

業務委託契約書

業務委託とは、請負会社が依頼された企業との間で契約を締結し、
請負会社から直接雇用された働き手を、
依頼企業に対して派遣する形態のことをいいます。
例えばAB社の社員が、
DE社に出向するといったケースが該当します。

それ以外にも、依頼企業が請負会社を間に挟まずに、
働き手と直接業務委託契約を結ぶ形態もあります。
例えば出版社とフリーランスのライターが、
契約を結ぶケースなども当てはまります。

業務請負契約でチェックされるポイントは、
賃金や必要経費であったり、
主従関係や拘束時間などがあります。

契約書を作成する際には、翻訳の前の段階で、
行政書士などの法律の専門家に見てもらうこともあるようです。

リース及び賃貸契約書

例えば不動産を所有している方(大家さん)に対して、
部屋を貸してもらう代わりに、
家賃を支払うという契約を結ぶことをいいます。

オフィスで使用される家具やOA機器を、
業者からリースする場合も該当します。

賃料はもちろんのこと、減価償却や原状回復の費用についても、
きちんと決めておくことが大切です。



お電話でのお問い合わせは03-6804-2521

翻訳会社サイマリンガル − 「高品質・適正価格・スピード納品」で評判の東京の大手翻訳会社

クライアント様からのお褒めの言葉集

各国語翻訳

その他の他言語翻訳サービスはこちら

公費支払いについて 当社は国内のほぼ全ての大学・研究機関に正式登録取引業者としてご利用頂いており、科学研究費補助金などの公費による支払いにも対応しています。お気軽にご相談ください。

環境への取り組み、応援しています!翻訳サンプル

駐日外国公館リスト

海外ニュースリンク集